Human Citoplacell® 3G

最も完全な抗酸化

老化防止細胞補体

老化防止カプセル、Human Citoplacell 3G 350 mgは、経口用の製剤で、常用することにより脳下垂体の機能が活性化され、また厳選されたアミノ酸と触媒ペプチドの作用によりHGH(「若年ホルモン」とも呼ばれる)生成が向上します。Human Citoplacell G2に含まれる成分の強力な作用により、老化防止策としての持続的な治療効果、認識能力の向上、エネルギーおよび全般的な健康の向上が得られます。

臨床情報と薬理学
成分:
カプセル1錠に、次の成分からなる混合アミノ酸を含む国際特許取得の独自製剤350 mgが含まれます:アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、フェニルアラニン、グルタミン酸、グリシン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、セリン、トレオニン、トリプトファン、チロシン、バリン、規格成分イチョウ葉エキス、テコマクリアリスエキス、コエンザイムQ-10、ロイヤルゼリーエキス、フリーズドライ大豆タンパク、DHEA、KH3、リボフラビン、プレグネノロン、チアミン。

作用の仕組み:
Human Citoplacell 3Gの触媒ペプチドとアミノ酸と相乗作用により、脳下垂体が誘発・刺激され、ヒト成長ホルモン(年齢とともに生成量が大幅に減少する成分)が放出されます。このホルモンは体中の組織に直接作用し、若い代謝、すなわち体のほとんどすべての細胞においてタンパク質の合成が活発に行われ、脂肪組織中の脂肪酸代謝や血流中の遊離脂肪酸が増加し、エネルギー源としてブドウ糖の代わりに脂肪酸が優先的に使用されるなどの特徴を持つ代謝が行われるようになります。

薬物動態および薬力学:
Human Citoplacell 3Gはカプセル入りの製剤です。カプセルはゲルコートされており、胃の中で溶け、主な活性成分が放出されます。その後この成分は腸に到達し、能動輸送により血流に吸収されます。

アミノ酸に関しては、体内における正確な比率は、摂取されるタンパク質の種類や、それに付随する細胞レベルでの合成、腎臓による選択的な排泄によって異なります。アミノ酸は、(促進または能動輸送により)細胞に浸透すると、細胞内の発酵作用により互いに結合し、タンパク質を形成します。各細胞で蓄積できるタンパク質の量には限度があり、血流内の余分なアミノ酸は肝臓のレベルで新たな物質となり、エネルギーの放出に使用されるか、あるいは脂肪として蓄えられます。使用されないアミノ酸は腎臓から排泄されます。

分析:
Human Citoplacell 3Gは、市場で販売されている経口用の老化防止治療剤の中で最も効果的な製品です。ヨーロッパでは多くの国々で「若返りカプセル」として知られています。この製品はユニークで独特の老化防止効果を有しており、体内の臓器および認識機能を向上させる働きと、刺激作用があります。米国アンチエイジング医学会(A4M)が設立され、ホルモン補充療法は強化、拡大適用され、病理的老化の抑制における重要なテーマとなっています。

禁忌事項:Human Citoplacell 3Gは本質的に天然の製品であり、タンパク質に対して重いアレルギー症状を示す方を除き、反応を引き起こすことはまったくありません。
副作用:副作用が報告されたことはなく、治療を開始して3日目までに軽い眠気が感じられた例が若干あるのみです。
効能および投与方法
-臓器の老化
-性欲の減退
-免疫系の機能低下
-極度の身体疲労
-極度の精神疲労
-細胞の栄養不足

午前中に1カプセル、そして就寝前に1カプセル(朝夕1錠ずつ)を、お好みの飲み物と一緒に服用してください。Human Citoplacell 3Gはまったく安全な製剤で、体内に蓄積される成分は含まれないため、無期限に服用し続けることができます。46歳からは、毎日の服用量を4カプセルに増やし、午前中に2カプセル、そして就寝前に2カプセル(朝夕2錠ずつ)を、食事前に服用することが推奨されます。

臨床研究:
Human Ultracell 3GとHuman Citoplacell 3Gによる補完療法(定められた投与方法を遵守)を60週間行った場合の、加齢に伴う慢性的な病理症状群に対する治療効果を証明。

© 2018 Biocell Ultravital. Privacy
Like Us on Facebook Follow Us on Twitter